愛しい一点もの【アトリエCARA】

革とオートクチュール刺繍の一点もののハンドバッグをお作りします

 

オートクチュール刺繍とは

一般的な定義としてはシャネル、サンローラン、ディオールなど、ラグジュアリーなメゾンの高級仕立て服を手がけるアトリエで長い間培われてきたフランス伝統の刺繍です。クロシェという特殊なかぎ針を使ってビーズやスパンコールを生地の裏側から刺繍する独特の手法(リュネビル刺繍)が用いられます。職人を養成するためのルサージュという専門学校があります。近年は日本やアメリカからの留学生がとても多いそうです。

そして、面白いことにこの刺繍はインドでもまったく同じように発展してきました。

もしかしたらこちらが先なのでは?と思えてしまいます。

近代国家になる以前、インドにはマハラジャ(地方領主)がたくさんいて、贅を極めた装飾品が求められました。それに答えてフランスのリュネビル刺繍と変わらない、アリワーク刺繍が盛んに行われました。出来上がりはほぼフランスのものと同じなのに、こちらはビーズやスパングル(とインドでは呼びます)をやはり特殊なかぎ針で、面白いことに生地の表から刺繍します。私が学んだのはこのアリワーク刺繍です。

フランスと違うのは、この刺繍は専門の職人の子孫の男子にだけ受け継がれてきました。5歳くらいになるともう針をもたせるのだそうです。ドクターよりも良い収入を得られるとの事。私がもしインドに生まれたらこの刺繍は叶わなかったわけです。

ただ、オートクチュール刺繍とは、確かに特殊なかぎ針での刺繍を指すことが多いですが、実際はあらゆる刺繍のすべてのテクニック、すべての材料を駆使して行う刺繍のことです。

この刺繍を学ぶ前に、ヨーロッパ刺繍全般を学んだのですが、それが大変役に立っています。

革のこと

皮革の種類は大きく3つに分けられます。

  1. 原料皮による分類…………牛、羊、山羊、豚、馬、鹿、オーストリッチ、カンガルー、爬虫類など
  2. なめし方法による分類
  3. 革のタイプによる分類……スエード、様々な加工がされたもの、プリントもあります。

私が使うのは一般的な牛、羊、豚が多いです。不思議なことに、刺繍と組み合わせてみると、フラットな一般的なものよりも、様々に加工されて表情がある革の方が相性が良いようです。爬虫類も魅力的ですが、実物は傷が多かったり、模様が大きすぎたり、高価であったり、ちょっと使いづらいので、型押しの牛革などを使います。

いずれにしても刺繍とピッタリ合う革を見つけ出すのは難しく、相談できる革屋さんが何軒かありますが、なかなか思い通りのものを手に入れるのは大変です。

年2回、東京レザーフェアーという皮革周辺業者が一同に介する催しがあり、色々見て回ります。とても勉強になります。

革を縫う、というと驚かれますが、そのための専用ミシンを持っています。革は厚いので、薄くして縫いやすくしたり、全体の重量を減らすための、革漉き機もまた持っています。

人に個性があるように、一枚一枚の革にも個性があり、それぞれに手当が必要です。それが作品に表情を与えてくれますが、難しいところでもあります。

作品やホームページに関するお問い合わせはこちらからお願いします。